スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | PAGE TOP▲

そこまでか!ベイブレード

こんばんわ、とうくんパパです。



ベイブレードの大会に自分が出ることになって
今更ながら必死に研究していますが、

調べれば調べるほど

今まで勝てなかったのが必然だった事に気がつきます。

ベイのブログを書かれている先駆者達の
恐ろしいまでの研究と努力には頭が下がる思いです。


まずは、ベイの個体差。

個体差があるのは重々わかっていましたが、
正直我が家には同じベイをいっぱい買うほど余裕はないので、
この辺はあきらめです。


基本的なセッティングから、負けていたんだな~と感じたのが
バランス取り。

まさか、そこまでやってるとは思ってなかったです。
トラックをつける位置のズレを調整してボトムを締める。
トラックは何も考えずに付けてました。
トラックを付けるときに締める前に若干カタカタとブレがありますよね。
その微量のズレをどの位置で止めるか。
180度回してつけてみたり少し動かしてみたりして、
回してみて一番ブレが少ない位置で固定します。
それによって10~30秒も回転時間が違うとの事です。

いや~、奥が深い!

こりゃ大会前は徹夜だな。



そしてシュートの方法と狙う位置。
これにもいろんな方法があります。

例えば持久ダイプの場合では
「水平シュート」が基本のようです。
つまりできるだけロスをなくすために
スタジアムと水平になるように、また壁にあたらないようにシュートする。

アタックタイプは
「斜めシュート」
少し角度を傾けてシュートすることで、
動きを活発化し、何度もアタックできる体制をつくります。

そして両方に言えるのは
狙うのは相手ベイの着地点を狙い、ファーストアタックでの
スタジアムアウトを狙う事。

う~ん、、、

こりゃ、相当シュートの練習しないと勝てないぞ、、、。


正直、16組のトーナメントだから2勝すればベスト4だ、
などと安易に考えていました。

アマアマですね。


その世界にはその世界のエキスパートがいて
それぞれの思いをもってやっていることを再認識しました。


今日からは我が家も違いますよ。


何度か記事にも書きましたが
「やるからには勝つために全力を尽くす」
私のポリシーです。


バトリオもポケカもガンバライドも停滞期の今
ベーブレードに全力を尽くしますよ~。


あ、
あと前の記事で候補にあげていた
「ギャラクシーペガシス」ですが、
あれ、
私の勘違いでした。
ハイブリットじゃない普通のペガシスです。

わかる人が見てたら、
「こいつまだまだ初心者だな、、、」的発言でした。

あ~恥ずかし、、、。



とりあえず今出来る事から、
バランス取りからやってみよう、、、。


ランキングにご協力頂ければ幸いです。

ランキング




スポンサーサイト

2010/09/25 00:01 | ●ベイブレード | COMMENT(0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トップへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。