スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | PAGE TOP▲

明日はエリア最終戦ですね

こんばんは。バトルマニアです。



明日はいよいよエリア大会最終戦ですね。


残念ながら私は合宿中のため、チャレンジできません。



多分とんでもない人数が来て、抽選突破の厳しい状況になるでしょうが、


皆さん抽選突破頑張ってくださいね。




という事で、


抽選に挑まれる方のためのちょっとした手助けをしましょうかね。




エリア大会の抽選はパソコンでやってますよね。



この抽選前のパソコンの設定を遠くからじっくり見ていると


いろんな事がわかりますよ。


まず、


①手にハンコを押した人数を数えてる。

②その人数を運営の責任者らしいガタイのいい人が電卓で割り算してる。

この②ではパソコンを2台使う場合は2で割り、3台使う場合は3で割ってます。


③その割った人数を各パソコンに入力し、その人数をさらに均等にブロック分けします。

この③でのブロック分けは何人で割ってるのかはわかりません。
恐らく人数によって違うと思われますが、各ブロック20とか30です。


ここから重要ですよ

④各ブロック毎に均等に当りを割り当てる。

例えば1つめのブロック20人中、当りを5人。みたいな感じです。

全体人数が256人の場合、パソコン2台だと、1台あたり128人。
10ブロックに分けると、1ブロック13人。
当りはパソコン1台あたり64人なんで10ブロックに分けると7人
つまりは13人中7人が当りです。


ここからが超重要。

この抽選ソフトの特性として
最初は公正に抽選します。
つまり1番目に抽選する方は7/13の確立です。
順に抽選していくと、必ずはずれが先になくなります。
はずれが無くなった時点から13人目まではすべて当選します。

つまりは、
1つのブロックの中で当りを消化しきる設定になってるわけです。

ですので
当るポイントはやたらと当たりが続きます。


パソコン2台でやる場合、2台のパソコン共に同じ人数で割り
同じブロック数で分けて、同じ人数通過するわけですから
2台共に同じようなポイントで当りが続くわけです。


今回の例は256人を各パソコン10ブロックに分けた例ですが、
川崎ですと
7~800人を3つのパソコンに260人づつくらいに分け、
260人中43人程度の当り。
ブロック分けは恐らく20ブロック。
1ブロック13人に当たりが2ないし3ではないでしょうか?


という事はグループで行かれる皆さんが
全員当りor全員はずれを狙いたければ、固まっていた方が有利ですし、
誰かが当れば、、、という考えであれば、7人づつずれれば確立は飛躍的にあがるように思います。
ただし、この方法では全員当りは皆無です。

はっきりしている事は。
先頭は一番確立が悪い。という事です。
狙って並べるのであれば、13の3倍の手前36、37、38周辺はかなり激熱ゾーンです。
さらにその倍の72~74なんかも激熱ですね。

でも間に何人ならんでるかなんてわかりませんから狙いにくいですよね。
これが少しずれて40になると逆に最悪ゾーンになりますからね。


という事で、今日は抽選の検証でした。


はっきり言って、
このブロック分けの人数に関してはかなり推測ですが、
パソコン1台の中の人数をいくつかに分け、その中に当たり数を割り当てているというのは
見て確認してますので信用してもらっていいと思います。


最終戦チャレンジされる方は頑張ってくださいね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トップへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。